27
2月

カナダにメープルシロップの時期がやってきます

MapleSyrup14

暦の上ではまもなく3月になろうという日々ですが、まだまだトロントは厳しい寒さが続く冬まっただなかです。

前回は、冬の時期にしか見ることのできないトロントとナイアガラの雪景色のご紹介しました。今回もこの時期にならではの話題として、生産が始まっているカナダ独自の甘味料のメープルシロップをご紹介です。
Continue reading »

no comments

19
2月

今週末のトロントは、アイス・ウィークエンド?

IceFestD

いよいよ冬真っ盛りのトロントですが、今週末は雪と氷にまつわるテーマで街を楽しんでみてはいかがでしょう?

まずはじめは、ダウンタウンで行われる「ICE FEST」。

氷の彫刻の製作・展示が行われるイベントで、初日の21日(土)の午後はアイスカービング(氷の彫刻)の製作現場を見ることができます。
アウトドアイベントですが、寒くなったら近所のカフェか、たくさんあるヨークビルのレストランに入り、遅めのブランチを楽しむのもグッドアイディア。さらに夜には氷のライトアップも楽しみですね。

公式ウエブサイト(英語):http://www.bloor-yorkville.com/icefest/
参考ブログ:http://www.visittorontojp.com/?p=287

次の目的地は、オンタリオ湖畔へ。 
Continue reading »

no comments

17
2月

今日は「パンケーキの日」

Pancake

2月17日は「パンケーキの日」。とは言っても、どこかのパンケーキのお店が売り上げ拡大のために作り出した日ではありません。

キリスト教が文化に深く影響しているカナダでは、伝統的に1年間をキリストの生涯になぞらえる暦を大切にしてきました。ちょうど今日(2月17日)は、四旬節というイースターに向けた40日間が始まる「灰の水曜日(Ash Wednesday)」の前日(移動祝日といって、毎年の日付は変わります)。

慣わしとして、苦難の十字架に向けて歩み出すキリストを覚えて、信者は質素な生活をすることが勧められるため、期間に入る前日には「懺悔の火曜日(Shrove Tuesday)」と呼ばれる厳粛な日を過ごします。
Continue reading »

no comments

13
2月

2月15日はカナダ国旗の日

Marlies_12

2月15日は、普段見慣れているあのメープルリーフの鮮やかな国旗の誕生を覚える日です。

写真は、昨年の2月17日に行われたエアカナダセンターでのアイスホッケーの試合(トロント・マーリーズ対アイスキャップス戦)で撮影したもの。奥の観客席に見える巨大な国旗ですが、客席にいる人々の手によって広げられ、国歌が歌われている間にこのようにディスプレイされるのが、ここでしか見ることができない名物となっています。

国旗が本当にカナダ国民に広く愛され、深く浸透している象徴的な光景ですね。

カナダの歴史をひもといてゆくと、ヨーロッパからフランス、イギリス、スペインなどの国々がやってきた時代から、カナダは植民地としての歴史を重ねてきました。
Continue reading »

no comments

12
2月

トロントで行われるオートショー直前情報

R9254756

明日(2015年2月13日)から始まる、トロント・オートショー(Canadian International Autoshow)。

ダウンタウンのコンベンションセンターを会場に、世界を代表するオートメーカーが一堂に会する毎年恒例の見本市。新車やコンセプトカー、超高級車やレトロな車など、ありとあらゆる車種が揃い、自由に見て回ることができるため(車にも乗ることができる)、毎年多くの入場者が集まる、冬の人気イベントです。

また、今年6月にトロントで行われるモータースポーツイベント、「ホンダインディ・トロント」のショー・カーも展示されています。

会場へはユニオン駅からPATHを使うと、屋内を歩いて行けるので寒い思いも最小限。

PATHについて:http://www.visittorontojp.com/?p=451

会場は広いので、事前にマップで予習をして、効率的に回りましょう。

MTC_Floor

これがコンベンションセンターの全体図。NORTHと書いてある部分が、ユニオン駅からPATHを使って行ける正面入り口から入る建物になります。

NAT_North

これが北フロアの見取り図です。上のボックスの「100」と書いてあるのは、正面入り口右手すぐの「Auto Exotica」入り口から入り、エスカレーターで地下一階に降りたフロアで、高級車がずらりと並んでいます。

「200」とかいてあるボックスは、正面入り口から入り、エスカレーターで2階に上がったメインフロアです。

MTC_South

北メインフロアからは、エスカレーターで上り、連絡橋を渡ってエスカレーターを降りると、南フロアへアクセスすることができます。

詳細マップ:
http://www.autoshow.ca/cias2015_v6/images/AutoShow%20Map%202015%20Web%20R2.pdf

チケット購入など詳細は、公式ウエブサイトを参照してください。
http://www.autoshow.ca/

先ほどまで行われていた記者発表会で撮影した写真も、参考までにごらんください。

R9254850
Continue reading »

no comments

11
2月

ホッキョクグマのハンフリーは、お引越し

PolarBearSleep

トロント動物園で生まれたホッキョクグマの赤ちゃん「Humphrey(ハンフリー)」。誕生日は2013年11月のことでしたから、早いものでもう2年と3ヶ月になるのですね。この写真は赤ちゃんだった頃のハンフリーですが、生き残れるかどうかという緊迫した状態でトロント動物園のスタッフに保護され、24時間体制でのケアを受け、一命をとりとめた後に一般公開された当時のものです。
Continue reading »

no comments

9
2月

3月(2015年)にトロントで行われるイベントご紹介

トロントの気温が上がるのは例年4月末〜5月ですが、春を待ちきれないと3月から多くのイベントが計画されています。ここに掲載されているのは、そのごく一部ですが、どれもユニークなものばかり。

これまでの本ブログでのレポートも合わせて、ぜひ旅の参考に活用して下さい。

(なおイベント詳細は各主催者のウエブサイトを要確認)

 

<3月のイベント>

canadablm カナダのガーデニング見本市
Canada Blooms
日程:3月13日(金)〜22日(日) 公式ウエブサイト
トロントの春をいち早く告げる、花とガーデニングの見本市。インドア会場にカナダ・テイスト溢れるデザインの庭園が作られ、カナダのガーデニングのすべてを見ることができる。ワークショップ等も開催される。
過去のブログを参照:http://www.visittorontojp.com/?p=766

 

fashionweef トロント・ファッションウィーク
World MasterCard Fashion Week
日程:3月23日(月)〜27日(金) 公式ウエブサイト
カナディアン・ファッションの発信地として知られるトロントでは、年2回春と秋にファッションウィークと題してショーが行われる。今年の春は、「Canadian Collections」というテーマで、カナダのデザイナーが2015年秋のコレクションを発表。華やかなランウェイ・ショーは必見。
過去のブログを参照:こちらから一覧をクリック

 

聖パトリックデー・パレード
St. Patrick’s Day Parade
日程:3月15日(日) 公式ウエブサイト
イギリス植民地だったカナダは、古くからアイルランド系の人々が多く移住してきました。その多くはトロントは住んでいたため、伝統的にこの日はダウンタウンでパレードが行われる。ルートは、Bloor St.とSt.Georgeの交差点を出発点に東へ、Yonge St.を南下、Queen St.を西に向い、市庁舎を超えた所が終点。市内のアイリッシュ・バーでは、一週間前から様々なイベントも開催される。
過去のブログを参照:http://www.visittorontojp.com/?p=833

 

oneofas 「One of a Kind」春のクラフトショー
One of a Kind Spring Show and Sale
日程:3月25日(水)〜29日(日) 公式ウエブサイト
イースター(春)とクリスマス(冬)の2回ダウンタウンで行われる、毎年恒例のショッピング・イベント。カナダ各地から集まるアルチザンが、オリジナルなクラフト、工芸品、クッキーやチョコをはじめとする食品などを展示即売。日本にはないカナダのお土産を探す、絶好のチャンス。
過去のブログを参照:http://www.visittorontojp.com/?s=one+of+a+kind

 

エルマイラ・メープルシロップフェスティバル
Elmira Maple Syrup Festival
日程:3月28日(土) 公式ウエブサイト
メープルシロップと言えばカナダ産。トロントからクルマで2時間ほどのエルマイラでは、「世界最大」をうたう1日限りのメープルシロップフェスティバルを、毎年の収穫期の終わりを告げるイースターの時期に開催。普段はのどかな街エルマイラも、この日は早朝からクルマの行列ができるほどの大混雑。特設パンケーキ会場では、豪快にシロップがかかった「ダブル」を注文しよう。
過去のブログを参照:http://www.visittorontojp.com/?p=885

 

waterlor ウォータールー・観光鉄道
Waterloo Central Railway
日程:3月28日(土)〜10月頃 公式ウエブサイト
メープルシロップ・フェスティバルの開催に合わせ、昔ながらのディーゼル機関車がエルマイラに向けて運行を開始。観光列車として、のんびりローカル線の旅が楽しめる。CN(カナダの国鉄)を引退した技術士らが復元・整備をするカナダのレトロな蒸気機関車の運行はチケット売り切れ必至。ウォータールー駅まではレンタカーなどアクセスは注意が必要です。
過去のブログを参照:http://www.visittorontojp.com/?p=1636

no comments